1. トップページ
  2. 毛穴開きが悪化しない洗顔料の特徴は?

毛穴開きが悪化しない洗顔料の特徴は?

繰り返し書いてお伝えしていますが、毛穴が目立つ、詰まっているからといって洗顔、クレンジングで綺麗にしようとしてはいけませんよ。

洗顔の役割、クレンジングの役割に、毛穴の詰まりを綺麗にするというものはないんです。これを洗顔料、クレンジングにやらせようとすると、間違いなく顔全体の毛穴が開きやすくなります。

ただ、頑固な角栓詰まりが取れない人は、正しい毛穴ケアをしていても毛穴の目立ち具合が解消されづらいのも事実です。

そんな人には、多少は洗顔、クレンジングに助けてもらうのも必要です。

となるとどんな洗顔料、クレンジングが毛穴ケアに適しているのでしょうか?

まずは正解の毛穴を簡単に綺麗にする洗顔料を確認。

一番いいのは時短洗顔できるタイプ

洗顔もクレンジングもどちらもデメリットがあります。それが時間をかけると角質にダメージが行き渡ることです。

毛穴が目立っている人は間違いなく角質が傷んでいます。その原因の多くが洗顔とクレンジングです。

洗顔もクレンジングも肌に優しいものを使わないといけないというのは間違いではありません。しかし、どれだけ肌に優しいタイプであっても、肌に付着している時間が長いとデメリットが生まれます。

汚れ、メイクの成分には油分が含まれており、これを落す洗浄成分が肌のセラミドや脂肪酸を落として貯水性を失わせ、そのせいで毛穴がパカっと開いてしまうからです。

だから洗顔、クレンジングは肌に優しいかどうかより、とにかく時短で済むもの。あっという間に終わってしまうものが一番毛穴を目立たせないんですよ。

ウォータリーベースのW洗顔不要タイプがNo.1

時短であっという間に洗顔・クレンジングが終わるタイプは、やはりW洗顔不要タイプ。

こちらはノーメイク派、男性の人でもおすすめです。

W洗顔不要タイプは稀に洗顔料ブランドが警告をしていますよね。W洗顔しないと肌に汚れが残ってダメージがあるって。

あれ…

嘘ですよ(笑)洗顔料を売るための商売文句です。

クレンジングはメイクの油分を浮き上がらせ、洗顔料は水と油分をくっつけて洗い流すのがそれぞれの役割です。

油は水を弾くように、水があると油汚れを落すのには邪魔になります。だから純粋なクレンジング剤だと、手が濡れた状態でクレンジングしてはダメと言われるわけです。

ですが、W洗顔不要タイプの場合、水を含んでいるけど、水が働き出すのがメイクが浮いてからになっているため、メイク落ちはしっかり、そして同時に洗顔の役割も果たしているんです。

だからクレンジングと洗顔の両方が同時にちゃんとできていて、何もW洗顔不要が手抜きってわけじゃありません。仕組み的に可能なんですよ。

そして同時にできるということは、クレンジングから洗顔と2つの工程を1つにできるのですから、セラミドを失う量も、手で触れて角質を傷める確率も半分です。毛穴を目立たせないための条件が簡単に揃うのですから、W洗顔不要タイプを選ばない手はないんです。

毛穴、肌は丁寧に手をかければ綺麗になると思っていませんか?

女性に多い勘違いが、時間をかけて丁寧にケアすれば毛穴は目立たなくなる、つまり肌が綺麗になるということ。

それって大間違い。

肌がキレイになるには、とにかく余計なことをしない、ケアに時間をかけないことです。

だからW洗顔不要のほうがいいんです。

それと泡洗顔も要注意ですよ。

泡洗顔だと手が直接肌に触れないからいいと言われますが、そのせいで時間をかけすぎて洗う人が多いんです。

もうお分かりですよね?

泡洗顔だから肌が綺麗になる、毛穴が綺麗になるということはなく、やり方によっては真逆になるんですよ。