1. トップページ
  2. 毛穴詰まりがないのに黒い?その理由と正しい対策方法

毛穴詰まりがないのに黒い?その理由と正しい対策方法

毛穴の詰まりは、私がいろいろ試した結果おすすめしている洗顔料や基礎化粧品の使用でかなり良くなると思っています。

でも中には、毛穴の開きや角栓の詰まり軽くなったのになんか黒い…と感じている人もいますよね。

それは毛穴が開きっぱなしになっていたときに、毛穴奥が刺激されメラニン色素が多く作られ、毛穴自体が日焼けしたように黒くなっているからです。

毛穴の黒ずみにもし使うならこんな美白化粧品が必要

取れない毛穴の黒ずみはどうやったら消えるの?

実は毛穴の黒ずみはかなり厄介なんです。

角栓詰まりの頭が酸化しているだけの黒ずみは簡単です。角栓除去して詰まらないようにケアすればいいだけです。その方法はこちらに書いてあるとおりです。

それでも黒い場合は、毛穴の壁、底にメラニン色素が溜まっている状態が疑われます。

通常の日焼け、メラニン色素過剰は、毛穴周辺の表皮細胞のターンオーバーで解消されます。でも毛穴自体はターンオーバーで変化しづらく、肌水分量を維持してもうまくメラニン色素が排出されなづらいのが難点なんです。

美白化粧品を使っても意味がないってこと?

美白化粧品はその作用を実感するのにかなり時間がかかりますよね。それってまだ影響が出やすい肌の話。より解決が困難な毛穴になると厄介です。使っても相当な時間使い続ける必要があります。

というのは、毛穴は真皮層まで貫いているため、メラニン色素が溜まっている場所がかなり奥深い場所の可能性があります。

そうなると、せっかくの美白成分が届かなくてその美白化粧品が本来発揮できるパワーが空振りなんでことに。

だから毛穴の黒ずみに使いたい美白化粧品というのは、浸透技術にかなり優れたものであることが必要なんです。

どんな美白化粧品が使えそうなの?

美白成分で一番優れているのがハイドロキノンです。

ただハイドロキノンは酸化しやすくて、肌に付けた瞬間から錆びて刺激を発してしまいます。

そこで、強力なハイドロキノンをどうやって肌に届けるのか?と考えられ利用されるのがリポソームカプセルです。

リポソームカプセルに包まれると、なんなく角質層に浸透し、空気にほとんど触れずに届けたい場所にしっかりハイドロキノンが届きます。そのため刺激をクリアしつつハイドロキノンの良さを引き出すことができます。

しかし「ハイドロキノン×リポソームカプセル」の組み合わせは国内にほとんどありません。

でも逆に言うとそれが最高峰のブランドということなんです。幸いにもどちらもドクターズコスメで広告宣伝にお金をかけない実力重視派。おかげで価格はかなり控えめになっているので続けやすくなっているのが唯一の救いですね。

国産ハイドロキノン配合美白化粧品は2つあります